横浜ベイスターズ、ソフトバンクホークスを応援するオバサンの日常日記
なにはともあれ、ホークス優勝\(^0^)/(祝)
遅まきながら・・
ホークス優勝記事書かせていただきたいと思います

ホークスの優勝がかかった日・・日曜日でしたね。この日もレオ軍団が先に試合で、もし、西武が先に敗れればホークスの優勝が決まる、ということだったのですが・・。

出来れば勝って優勝したいと思っていた私は、まあ西武は勝っても負けても良いや、と思っていたのですが、いざ、試合を見てると何やらハムさんずのサヨナラ臭くなってきた・・。

そのころジムから帰ってきたダーリンも一緒にテレビを見ていたので、二人でサヨナラ臭いね〜と言っていたら、前のホークスとの試合でまったく良い所がなかった糸井選手が
サヨナラホームラン

鳥肌が立つ、というのはこういう事を言うんですね。

二人で万歳したあと、グーグータッチ、パーハイタッチ、そして最高の盛り上がりをして中継がホークス戦へと切り替わったので、今度はホークスの応援へといそしみました。

中継ではどうやら秋山監督に西武が敗れ、ホークスの優勝が決まった事が伝えられたようで、ベンチの中ではみんな一様に笑顔で握手したり、抱き合ったりしてましたね。

その時バッターボックスに立っていた松中選手も、ベンチ前で秋山監督に直接優勝したと伝えられた模様。その後、オーティズ選手が裏から出てきて満面笑顔やったやったやった

みんな喜んでいる

私もウキウキしてご飯の支度しながら、あとは晩御飯を食べながらホークス戦をみていたのですが・・

試合の結果はご存知のとおり、ホークスの悪いところが全面面に出てしまった結果となったわけですが・・私、思うのですが、これが、もし、西武が勝って、あとはホークスが勝つしかない、という場面に立っていたら、違う結果が待っていたのではないか、どうしても、そのように思ってしまうのです。

もちろん、選手たちは優勝が決まったからといって浮かれて試合をしていたとは思いません。優勝したとはいえ、最後は勝って帰りたいと思っていたに違いないんです。

だけど、心と体は密なるもの。

やはり優勝したという安心感が、どこかにあったのではないかと思ってしまうのです。

ま、しかし過ぎた事をここで長々と書いてもしょうがないので、ではなぜホークスが優勝できたのか、その原因を考えるとまずは西武三連戦をサンタテした、これが一番大きいですよね。

この西武戦が始まる前は、正直、私も今年はレオ軍団の優勝だと思っていました。

が!!!

なんと、この西武戦でホークスが3連勝!!

これでホークスの優勝が見えてきましたほお〜

わずかばかりの光だけど、しっかり光り輝いて遠くで見えた光。

小さな光なのに眩しくて、目を細めないと見えない光・・実は希望というの名の光だったんですが・・それが見えてきました。

そして杉内くんとダルビッシュ投手との投げ合いの1戦が始まったわけですが、この試合が、私の中でベスト3の中に入る名試合となった事は間違いないです。

たしかに、序盤、杉内くんは制球に苦しんでいたようです。

いい球もたまにあるけれど、苦しみながらも、ハムさんずの攻撃を、なんとかかわして投げている、そのように感じていました。それが中盤あたりから徐々によくなって、ダルビッシュ投手に負けじと三振の山を築いている中、7回でした。

ワンアウトから長谷川選手がデッドボール。

この時、長谷川くんには悪いけど、本当にラッキーと思いました。長谷川くんに力が無いとは思いません。だけど今の長谷川くんにダルビッシュ投手の球は打てないだろう、というのが私の考えでした。それだけに、このデッドボールは大きかったと思う。

現にそのあと、田上捕手が送りバンドを決め、選手会長の宗りんが初球を狙ってホークス先制

のどから手が出るほどほしかった先制点。

この瞬間、勝てると思いました。

だけど、出来ればあと1点欲しかった、と思ったのも正直なところだったのですが、結果としてこの緊張する試合で1点を守り切った杉内くんはやっぱり『あっぱれ』を差し上げたい。

お立ち台で

思わず感極まって泣いた涙にもらい泣きしたファン多数。

その中に、私が含まれていたかどうかは内緒にして、次は日本シリーズですね。

え?

その前にクライマックスがある?

大丈夫、大丈夫、今のホークスはほんとうに心静かに唾を広げるのを待っている鷹。

闘志

技術

方向

すべてが揃って飛び立つのを待っている。

だから間違っても日本シリーズに挑めない、なんて事にはなりませんよ、絶対に。



ファー反対運動にご協力を(‐人‐)
私たちはファーを買いません同盟>>
ulsリアルファー反対同盟>>

生きたまま皮をはがされる動物たちがいなくなる日がきますように。

よろしかったらTwitterのフォローお願いします(人^ω^)♪
ソフトバンクホークス comments(10) trackbacks(3)
Comment








いつもツイッターでお世話になります。

とにかくほっとしましたね^^

やはり、西武を3タテして現実味を帯びてきましたね。

7年は本当に長かった…

これからCSがありますので、まだまだ戦いは続きます。

まあでも、今は思いきり喜びましょう!
from. リバーマン | 2010/09/28 15:04 |
ソフトバンク優勝おめでとうございます。
残り6試合という時点からの奇跡の逆転優勝!
何よりも福岡ドームでの西武との首位攻防戦で3連勝したことが大きかったですね。

そんなソフトバンクをシーズン前に下位予想した自分は恥ずかしい限り。
とにかく今年は投打ともに非常にバランスに富んだ戦力。
中継ぎ、抑え陣の豊富さはホントに羨ましいかぎりでした。

しかし、リーグ制覇をしてもまだまだクライマックスシリーズがあります。
5年前にホークスの夢を砕き、一気に日本一へと突き進んだのが、マリーンズでした。

今年はとりあえず3位争いを勝ち抜いて何とかファーストステージを勝ち上がり、ともに日本シリーズ進出を懸けて戦えることを願ってます。

ヤクルトの方も厳しいですが、“メイクミルミル”最後まで奇跡を信じたいと思います。
from. KOJI | 2010/09/28 16:39 |
 あらためてホークスおめでとうございます。1位に予想した私も鼻が高いw。ホークスを見るとあらためて後ろの投手が重要だと感じましたね。SMBに甲藤、森福、と豪華ですね。和田、杉内も「後ろがしっかりしてると全力でいける」と言ってましたしね。打つほうでもフロントがペタを獲得とフロントもしっかり動いてましたね。優勝にふさわしいチームだと思います。後は鬼門のプレイオフですね。
 こちらも勝ちパターンらしきものはあったのですが、現首脳陣の全時代的な発想に潰されてしまいました(悲) 再建の道は険しいです。野村、辞めねえし。
from. 緑の酒屋さん | 2010/09/29 00:10 |
2003年優勝の翌年から毎年毎年悔しい終わり方を見てきているので、
今年もあの猫3連戦の前に終戦モードでしたからTV中継も見ず、
裏番組を見ていた状態でした。
それがこんな奇跡が待っていようとは・・・・
いや、心では26日は猫勝ち鷹負けで、最後の猫鷲戦で猫が勝って・・・
なんてシナリオも正直持っていました。
それぐらいネガティブでしたから、もう・・なんつーか・・・

リーグ優勝キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


です♪
from. island | 2010/09/29 00:29 |
パクッリバーマンさま♪

こんばんわ。こちらこそお世話になります(^^)

>とにかくほっとしましたね^^
そうなんですよ〜、本当にホッとしました。

西武戦の前はほとんど絶望的だったのが、2連勝して、目の前の胴上げは無くなり、さらに3試合目も勝って、選手もファンも目標が上がったような気がしますね。

おっしゃる通り、まだまだ戦いは続きますが、今はこの喜びを出来るだけ長く味わいたいですね。
from. 姫 | 2010/09/29 01:17 |
パクッKOJIさま♪

ありがとうございますヽ(@^▽^@)ノ
本当に、最後の大逆転・・ホークスファン、野球ファンだけでなく、『諦めない事の大切さ』を教えてもらった気がします。

>ソフトバンクをシーズン前に下位予想
そういえばそんなこともありましたっけ(^_^;)
でも今年は本当にどこが勝ってもおかしくない年でしたよね。
楽天こそ、ちょっと低迷しましたが、新監督の元、言葉の問題などもあったと思えば、来年はまた侮れない存在になりそうですし、ハムといい、マリーンズといい、オリックスといい、どこも『我がチームの色』というのが見えておもしろいシーズンでしたね。

おっと、KOJIさんにとってはまだまだ3位争いが待っているのでしたね。
今日はマリーンズも勝ったけど、ハムさんずも勝った模様。
残るはマリーンズ2試合勝てばクライマックス進出!
応援してますよ〜\(^0^)/
from. 姫 | 2010/09/29 01:25 |
パクッ緑の酒屋さん♪

こんばんわ。

お祝いの言葉、ありがとうございます(^^)にこにこ。
シーズン途中まではホークスも『4人目』の中継ぎに苦しんでいたのですが、いろんな選手に投げさせる中、甲藤投手と森福投手が開花、特に森福投手の登場は終盤の追い上げに弱かったホークスにとって救世主のような存在となりました。

打つ方も、やはりペタジーニ選手を入れたのは大きかった。
あと、タムさんのほとんど全試合出場というのも大きかった。
あとはクライマックスを悠然と待ち、日本シリーズに挑むだけです(^0^)

それにしても首脳陣の考えが古いと困りますね。
前はそうは言ってもブラウン監督のパフォーマンス(?)が面白かったけど、今はそれも無いですものねヽ(´`)ノ
このままでは今のベイスターズの二の舞になるばかり・・早く首脳陣たちの目が覚めるの待つばかりですね。
from. 姫 | 2010/09/29 01:43 |
パクッislandさん♪

イエ〜イ(≧∇≦)/.+゚*。:゚+☆.+゚*。:゚+\(≧∇≦)ハイタッチ☆

って、islandさん、そこまで後ろ向きだったの〜?ヾ(°∇°*) こらこら。
まあ、でも本当ぎりぎりでしたけどね(;;^∀^;;)
最後の試合なんて、思いっきり負けてたし、あの日、もし西武が勝っていたら・・と思うと、ぞ〜〜〜っとしますが、ま、しかし、結果は

ホークス祈願の優勝キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

ですもんね(人^∀^*)♪
from. 姫 | 2010/09/29 02:05 |
優勝!! いい響きですね。やっと勝ちました、7年は長かった・・・
プレーオフの制度ができてからも2度首位通過しながら優勝出来なかった悔しかったことが思い出されます。その間制度の改善などが行われてやっと現在のクライマックスシリーズが生まれたわけですが、その間、王前監督をはじめホークス関係者から何ら怨みがましい発言もなく粛々と制度に従い、悔しさを明日への力にしてきた堂々たる態度が今日の栄冠に繋がったのではないでしょうか。
この上はCSも堂々と制して日本一へ駒を進めて欲しいと願うばかりです。

それにしても9月はアップダウンが凄かった・・月初めに連敗したときは毎年の9月病かと半ば諦めの心境でした。残り6試合で首位ライオンズと3.5ゲーム差、この段階では間違いなくLの優勝と思っていたのは私だけではなかったでしょう。それが対L奇跡の3連勝、松中の同点3ラン、小久保のバント、そしてサヨナラHR、馬原/中島の息詰まる勝負・・・数々の名場面を残した3連勝でした。
優勝への希望の光がともったのが対L3連勝ならば、より現実的にしたのがダルに投げ勝った杉内の好投でしょう。インタビューでこみ上げた涙は共感できるものがありました。いちいち名前を挙げたら切りがないほど今年の優勝は「ナイン一丸」という言葉がしっくりしていたのではないでしょうか。

優勝おめでとう!! 今年はやったバイ!!
from. 老ホーク | 2010/09/30 16:39 |
パクッ老ホークさま♪

こんにちわヽ(@^▽^@)ノ

ホークス優勝しましたーーーーー!!!!!(≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)
みんなが恐れた9月、確か4連敗くらいしたんでしたっけ・・?
そして、誰もが(ああ、今年もか・・)と思ったに違いない幕開けでしたね。
ところが今年の9月はいつもの9月とは一味違いました。
連敗のあと、何とか勝ちもあげ、レオとしのぎ合いを続けました。
一時はマリーンズにも抜かれそうになりましたが、なんとか踏ん張った。

まさしく、今年はやったば〜〜〜い\(^0^)/です♪

そして杉内くんとダルビッシュ投手の投げ合い・・見ごたえがありましたね!
観ていて、ぞくぞくしました。

次はクライマックスがありますが、今年こそ堂々と迎え撃ち、日本シリーズも制覇してビールかけあと2回、やりましょう(人^∀^*)♪
from. 姫 | 2010/10/01 09:44 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nikki.hime-non.moo.jp/trackback/1839
首位・ソフトバンクが優勝マジック1とし、7年ぶりのパリーグ制覇に王手を掛けて迎えた26日。 残り2試合に逆転優勝の望みをつなげたい2位・西武は、札幌ドームで日本ハムとのデーゲームに臨んだが、3ー3で迎えた9回裏1死1、2塁からシコースキーが、糸井に左翼フェンス直
| 続・今日も内角攻め! | 2010/09/28 15:57 |
今日のデーゲームで西武が負けたため、7年ぶりの優勝が決定 レギュラーシーズン最終戦で敗れはしましたが、試合後の秋山監督の胴上げ&優勝インタビューには感激でした・・・ 正直しっくりこない感じはありましたが、CSや日本シリーズで晴らしてほしいですね
| ともみの言いたい放題♪ | 2010/09/28 21:10 |
今年は!やったばい!! いやー・・・やりましたね・・・2010年、ホークスは見事リーグ優勝を果たしました{/abanzai/} 144試合目のV決着・・・本当にお疲れ様でした{/face_zzz/} ソフトバンクになってから初めてですし{/kirakira/} もう最高でした{/hakushu/}
| 空色レールウェイ | 2010/09/28 22:49 |
<< NEW | TOP | OLD>>