横浜ベイスターズ、ソフトバンクホークスを応援するオバサンの日常日記
松田選手が決めました(打)
お〜ほっほっほっ(´0*)

今度はホークス。

やった!!

やりましたね!!

ホークス、昨日はもう絶対絶命だったのに、最後に松田選手が決めてサヨナラ勝ち

もぉびっくりしたなぁ。

試合は長い長い時間をかけ、9回の裏にはすでに3時間半が過ぎていたので、もう9回に決めるしかなかったところ、本当に決めてしまう松田選手・・本当にすごいよ。

流れとしては、一昨日のヤクルトvs横浜の試合のような展開で、要するに序盤、中盤とホークスがじわじわと点差を広げ、余裕の勝利モード

ところが6回、先頭のおかわりくんにソロホームランを浴びるなどして6回途中で先発の岩嵜投手が交代。

この時は藤田投手が抑えましたが、7回には金沢投手が、そして8回にはなんとファルケンボーグが失点わわわ

そして1点差のまま9回に突入したホークス、マウンドに立つのはもちろん馬原くん。

その馬原くんが、代打の先頭打者にまさか、まさかの本塁打。

打たれた瞬間、やばいって思った。

入らないでくれーー!!と思ったけど、無情にもボールはライトスタンドへ・・

この瞬間、岩嵜投手の勝利は吹っ飛んでしまったわけでありまして・・ベンチの中でジッと試合を見つめていた岩嵜投手・・かける言葉がありません・・

さて、試合の方はというと、ホームランを浴びてしまった馬原くんですが、その後も四球、ヒットと逆転の大ピンチを迎えますが、キャッチャーフライ、ショートフライに打ち取り、なんとか同点で抑えた。

その後9回の裏に入るも、あっさりツーアウト・・ふーむ、やはりこのまま同点か・・と諦めていたのですが、この日ノーヒットだったオーティズ選手が渾身のツーベース

これでがぜん盛り上がったホークスは、次、ホームランを放っている松田選手。その前にもヒットを放ってマルチを決めていた松田選手が、今度は猛打賞を決める本塁打

まさかまさかのホームラン

ヒーローになったねぇえがお

この時、中継が終わって半分ウトウトしていた私は携帯で結果を見て、うおおおおと一気に目が覚めました。

いや〜しかし、これ生で見たかったなぁ。

これでホークスサヨナラ勝利が2回。宗りンも復活の兆しが見えてきたし、あとはタムさんの調子が戻ってくれれば快進撃が始まりそう・・



ファー反対運動にご協力を(‐人‐)
私たちはファーを買いません同盟>>
ulsリアルファー反対同盟>>

生きたまま皮をはがされる動物たちがいなくなる日がきますように。

よろしかったらTwitterのフォローお願いします(人^ω^)♪
ソフトバンクホークス comments(0) trackbacks(1)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nikki.hime-non.moo.jp/trackback/1867
土曜日は摂津正が8失点でKOされ、西武に完敗した福岡ソフトバンクホークス。ヤフードームでの西武3連戦を2試合終えて1勝1敗のタイで迎えた17日の最終戦は、ソフトバンク・岩嵜翔、西武・平野将光の投げ合いで始まり、試合は終盤にノーガードの激しい乱打戦となり
| 日刊魔胃蹴 | 2011/04/18 23:25 |
<< NEW | TOP | OLD>>