横浜ベイスターズ、ソフトバンクホークスを応援するオバサンの日常日記
これがキャプテン!!(ダ)
今日は久々に野球の試合見て涙が出ました(前に出たのはベイスターズの開幕戦でしたが・・)

どっちに転ぶか分からないと解説者の人は言われてましたが、本当はホークスがもっと楽に勝ってもいい試合だと思いました。

と、いうのも、ホークスの方は4回以外は毎回毎回ランナーをだし、追加点のチャンスがあったから。特に松田選手の2回の盗塁死は納得がいかない。中でも2回の盗塁はもったいなかった。

せっかく四球を選んで出塁したというのに、やっちゃったな〜と思った。まあ確かに打つ方でも守る方でも活躍してるから、あまり批判はないと思いますがね・・あせ

試合の方はその後、5回に杉内くんが逆転悲しいされますが、その裏にすぐさま同点笑顔に追いつき、さらに6回にはウッチーカブレラ連打、小久保さんは2塁ランナーの進塁打で、タムさんが1000試合出場の記念の試合で逆転タイムリー

その後、松田選手は倒れるも、長谷川くんがしっかり四球を選び、満塁で打席には細川っ\(^0^)/

敵だった時はこういうシチュエーションのとき

打ってたよね

打ってたよね

と、ヒートアップ

って、・・あれ?ショートゴロ?であえなくスリーアウト

うーん。あの満塁神話はvsホークス戦限定だったのか・・っ。

こうして6回の追加点は1点どまりとなりましたが、7回にも1点追加したホークスは、今度は勝ちの継投に。

まず8回、ファルケンボーグが登場、たった9球ベースボールでお仕事を終えundefined、9回には馬原くんがグー

ところがこの馬原くんがいけないノーノー

今日初めて今年の馬原くんを見ましたが、素人の私が見ても球に力がこもってないように見えましたぐすん

スピードは出てるのかもしれないけど、全然出てるように見えない球・・あれじゃぁ打たれるよ・・と思ってしまった。

そして案の定、あれよあれよと3連打、里崎選手に犠牲フライを打たれ、ついに同点・・

この時点で杉内くんの勝ちが消滅

さらに今江選手にもヒットを打たれたところで秋山監督が出てきてピッチャー交代・・この厳しい状況の中を託されたのが森福投手。彼の力投で、なんとか勝ち越しはのがれたホークス。

こうなると、残るは9回に点を入れてサヨナラに持ち越すしかない展開、バッターはおりしも1番から。その宗りンはショートゴロに倒れますが、2番本多選手がヒット!!

これでサヨナラのランナーが出たところで、本日すでに3本のヒットを放っている内川。ここでもう1本出れば、本当に分からないけど、すでに3本もヒットを打っているから、4本目はどうかな〜?と思っていたけど、あっさりとヒットでつないだ

こうして迎えたのがカブレラ選手。

この時は相手のピッチャーも変化球を投げず、ストレートのみで勝負していた。この勝負はなかなか面白かったけど、最後はカブレラの方が負けて、ホークス、ツーアウト。

そして最後の打席にたったのが、キャプテンの小久保選手。

本当にね、こういう時に打順が回ってくる人っているんですよね。骨折して、たった10日で戻ってきて、5打席目の打席に入った小久保選手。この日はまだヒットがなかったのに、渾身の力を込めて振りぬいたバットが放った打球は前進守備のセンターの頭を越え、サヨナラタイムリー

この瞬間小久保選手はチーム救い自分救い、何より馬原投手を救ったと思いました。

だからね、涙が出たの。

チームの勝利はもちろん嬉しかったけど、9回に同点に追いつかれてしまい、これで小久保さんが打てずに引き分け、もしくは逆転されていたら・・馬原くんにどれだけの苦痛が残ったか分かりません。どちらにしても馬原くんは1度調整しなおす必要があるのではないかと私は思いますが・・どうなんでしょうね。

こればっかりは監督の判断なのでしょうが・・人を使うのって、本当に難しいですね。

********************

あっ、ところで今日は久々に井口さまの姿も見れて嬉しかった。井口さま、マルチだったね

それからマリーンズの最後のピッチャー、どことなく井口さまに似てたよねっわーいなんか、ドキドキしちゃった



ファー反対運動にご協力を(‐人‐)
私たちはファーを買いません同盟>>
ulsリアルファー反対同盟>>

生きたまま皮をはがされる動物たちがいなくなる日がきますように。

よろしかったらTwitterのフォローお願いします(人^ω^)♪
ソフトバンクホークス comments(2) trackbacks(2)
Comment








負けムードの試合をどうにか振り出しに戻したのも束の間…もう一つ凌ぎ切れませんでした。
正直、引き分けならソフトバンクに対しては、負けに値するくらいに相当なダメージを与えられたでしょうが、ロッテとしては、コバヒロさんが抜けた穴はやはりこういう展開で終盤を迎えると苦しいだろうなと、その嫌な予感がここで出てしまった感じです。

ソフトバンクは、馬原投手の不調が開幕から尾を引いているのは頭の痛いとこでしょうが、それを端に置いてもここぞの場面でのキャプテン・小久保さんの一振りは大きいでしょうね。
やはり持ってるというか…。

まぁとにかくロッテとしては、今日の試合をしっかり取ってもう一度、ホームで立て直しです。
from. KOJI | 2011/04/24 12:52 |
パクッKOJIさま♪

ロッテファンとしては、残念な展開ですね。
特にエラーが目立ちました。あれがなければ今日の展開も分からなかったですね。
と言っても、まだ終わったわけじゃありませんが・・。

抑えはやはり重要ですね。最後を締める人が確立しているのとしていないのとでは、雲でんの差です。
ホークスとしては1日も早く馬原投手の復帰を願います。

ホームに帰れば本当に強いですものね、マリーンズ。
この2試合はロッテにとっては苦い試合となりましたが、3戦ではなく、2戦だったことを逆に良しとし、頑張ってほしいと思います。
from. 姫 | 2011/04/24 16:26 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nikki.hime-non.moo.jp/trackback/1875
ホーム・QVCマリンで西武を3タテに下したロッテは、鹿児島に移りソフトバンク2連戦を迎えたが、9回表に2ー4と2点ビハインドから馬原の乱調に付け込み、同点に追い付いたものの、その裏にロサが、2死1、2塁から小久保に中越えにサヨナラ打を許し、4ー5で敗れて連勝は3で
| 続・今日も内角攻め! | 2011/04/24 12:17 |
現在2連勝中で貯金2の福岡ソフトバンクホークス、今週末の千葉ロッテマリーンズ戦は「九州新幹線全線開業記念シリーズ」と称して鹿児島と熊本で主催試合を行います。その第1戦となる23日は、鹿児島県立鴨池野球場で開催されました。鴨池球場といえば、ロッテが200
| 日刊魔胃蹴 | 2011/04/24 17:21 |
<< NEW | TOP | OLD>>