横浜ベイスターズ、ソフトバンクホークスを応援するオバサンの日常日記
大敗の先に見えるもの(望)
昨日の試合は参りました。

いやほんと、一昨日の一時は7点差あった試合を、1点差まで追いつめて、負けたけど勝ったかのような雰囲気で終わった次の日の試合、絶対勝つと思っていたのに、マウンドに立ちはだかったのは、杉内くん(T∀T)

予告先発をチェックしてなかったので、昨日の試合、先発が杉内くんだと知った時は思わず唸ってしまったけど、序盤に得点出来れば望みはある!!と思った昨日の試合、1回はランナーを出しながらブランコ選手が空振り三振に倒れ、杉内くんに勝負の軍杯があがった。

その後も、3回まではつけ入るチャンスがあったと思いますが、4回以降は杉内くんの後ろに神の姿が見え始め、やばいな、と思った通りブランコ選手でさえ、3三振に抑える頭脳投げぶり。

まあゲーム内容はこの際、何も言う事はありませんが、印象に残ったのはブランコ選手ほど調子のいい打者でも、しっかり考え、配球を間違えずに丁寧に丁寧に投げれば抑えられるという事。

昨日の杉内くんのピッチングは、プロ野球選手の投手たちに、勇気を与えた内容だったと思う。

それはもちろん、ベイスターズのピッチャーにも当てはまる事。

昨日はたしかに打ち込まれ、17失点という大恥をさらしてしまったわけですが、でも、これを肥やしにして、次はどうやったら抑えられるのか、考えながら投げてほしい。負けたら負けっぱなし、と言うのは絶対やめてほしい。

昨日流した涙を、絶対に無駄にしないでほしい。

こんなに悔しい思いをしたピッチャーは、きっと同じ過ちは繰り返さないだろう。そう、あの杉内くんでさえ、若い時打ちこまれ、ベンチに帰った後自分の指を骨折するほど殴ってしまった結果、考え、苦しみ、今の杉内くんが出来上がったのだから。

大丈夫、君たちはまだ若いのだから、今から成長するんじゃないか、そう思います。


******************

ノリダーが昨日ヒットを2本打って2,000本安打まで、あと11本となりました
井口さまが昨日、ノーヒットに抑えられていたピッチャーから、初安打を打ちました

ブランコ選手の連続試合本塁打が5試合で止まってしまいました
最後に、ラミちゃんの守備はほんと、何とかしてほしいです



ファー反対運動にご協力を(‐人‐)
私たちはファーを買いません同盟>>
ulsリアルファー反対同盟>>

生きたまま皮をはがされる動物たちがいなくなる日がきますように。

よろしかったらTwitterのフォローお願いします(人^ω^)♪
横浜ベイスターズ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nikki.hime-non.moo.jp/trackback/1892
<< NEW | TOP | OLD>>